今日のマネースレはここですか

消費者金融会社などの金融機関からお金を借りる場合、本来であれば総量規制の対象になりますので、年収の三分の一までしか借りることができませんが、実はこの規制には例外がありますので、年収の三分の一以上の融資を必要としている人は例外がオススメです。

 

総量規制の対象外となる金融機関とは、銀行のことです。銀行カードローン総量規制は年収の三分の一といった規制を受けませんので、高額融資が必要な人は銀行カードローンに申込、必要としている金額を融資してもらうことをオススメします。

 

銀行カードローンを利用するメリットは総量規制の対象外だからという点以外にもあります。例えば、業界内でも特に低水準な金利なども、カードローンの申込先としては非常に魅力的な特徴になりますので、オススメです。

 

低金利なことに加えて、総量規制の対象外といったメリットのある銀行カードローンは他の金融機関よりも極めて融資サービスの内容が優れていますので、初めてお金を借りるのであればどの金融機関よりもまず先に銀行を推奨します。

続きを読む≫ 2014/04/25 11:08:25

カードローンを利用するには、所定の審査を受ける必要があります。審査基準については、金融機関により違いがありますが、貸付金額については、法律により制約があります。いわゆる総量規制と呼ばれているものです。

 

 これは平成22年の法律改正で施行されたもので、貸金業法の改正です、この目的は貸付を制限することにより、多重債務者などを防止することを目的としていれ、新たな借入も年収の3分の1を超えることはできないとされています。

 

 しかし、銀行の場合は、カードローン総量規制対象外とされています。銀行は銀行法により成り立っているので、貸金業法の適用は受けないということです。つまり、銀行の審査に通れば、誰でも利用が可能ということになります。

 

 その他、貸金業者でも総量規制の適用を受けない場合があります。おまとめローンです。おまとめローンの場合は貸金業者でも総量規制を受けないことになっています。借入額が増えるわけではないので、当然の措置です。

続きを読む≫ 2014/04/25 11:08:25

個人でカードローンやキャッシングを利用する時に、その借入総額が年収の3分の1までに制限されるという法律が総量規制というものです。一部除外・例外となっている借り入れもあるようです。 これは、消費者金融業者やクレジットカード会社系のカードローンなどを利用した場合に適用されます。

 

一方で、この総量規制の対象外となるカードローンもあります。これが、銀行系カードローンと呼ばれるものです。各銀行の金融商品によって、金利や貸付額、返済月額などは異なりますので、比較検討し、自分に合ったところで契約するようにしましょう。

 

銀行系カードローンの特徴として、最も有名なものは、消費者金融業者などと比べて金利が低いということです。さらに、貸付上限額も高く設定されている事が多いと言われています。 中には、専業主婦であっても利用する事が出来るとしている場合もあります。

 

また、通常の借入の目的では無く、現在借入を行なっている人が、借り換えを目的として利用する場合も多いようです。金利が安く抑える事が出来ますから、メリットが大きいと言えます。今現在消費者金融業者などに借り入れがあるという場合には、相談してみても良いかもしれません。

続きを読む≫ 2014/04/25 11:08:25

貸金業法における総量規制とは、貸金業者からの個人の借り入れ総額が、原則的に、年収の3分の1までに制限されるという仕組みのことを指します。金銭の貸し付けであっても法人には規制の適用はなく、個人向けの貸し付けのみが対象になります。

 

 貸金業法ができたのは1985年です。当時の正式名称は「貸金業の規制等に関する法律」となっていました。その後、2003年と2006年に消費者保護を図る目的による法改正が行われ、2007年から正式名称が貸金業法に変わりました。

 

 総量規制の内容自体は非常に厳しいものとなっていますが、その適用の除外もしくは例外となる個人向け貸し付けが存在しますので、利用者保護に役立っています。たとえば、緊急に必要になった医療費の貸し付けなどは規制を受けませんので、高額のお金を借りることが可能です。

 

 また、総量規制の対象となるのは、あくまでも貸金業法の適用を受ける消費者金融などの貸金業者だけに限られますので、銀行法の適用を受ける銀行が行う貸付は総量規制の適用を受けません。つまり銀行系カードローンは適用対象外ということになります。

続きを読む≫ 2014/04/25 11:08:25

総量規制銀行ローンは関係なしというのは、同じ金融機関でありながら適用される法律が違うということです。総量規制は平成22年に貸金業法の改正により施行されたもので、この貸金業法の中には銀行は含まれないのです。

 

 銀行には銀行法という法律が適用されますので、その中には総量規制という制約はないのです。ですので、一般的に総量規制というと、銀行を除く金融機関に対して、新たに借入申し込みがある場合には、年収の3分の1を超えないようにすることといえるのです。

 

 この総量規制の目的は多重債務者などの増加防止や、ヤミ金などの被害防止を目的としていることから、銀行は適用除外とされているのです。つまり、銀行の審査はきちんとしている、言い換えると、厳しいものであるということです。

 

 貸金業者の場合は、以前はどんどん貸付をして、取り立てるというイメージがありますが、この法律により、そのようなイメージもかなり薄くなった様子です。それどころか消費者金融と銀行が業務提携するということもあるのです。

続きを読む≫ 2014/04/25 11:08:25